私と夫、全部で35本!買って満足のMAWAハンガー 我が家の種類とサイズ選びの実録。

P6284205 2 (1).jpg

楽天スーパーセールの時に買ったMAWAハンガー

 

多くのブロガーさんが使っているので、実は私も気になっていました。 

MAWAハンガーと言えば、ドイツ生まれ。 

 

大きな特徴は

①洋服がハンガーからずり落ちないように特殊なコーティングが施されている。 

②スッキリとしたデザイン&ハンガーの厚みが1㎝以内のアイテムもありスペースの節約ができる。 

③機能的なデザインで種類やサイズが豊富。 

 

ハンガーなんて買い替えなくても・・・なんて購入を躊躇した時もありました。

今まで使っていたハンガーはこちらのホームセンターで買ったものから義両親から譲ってもらったもの。

色はほとんどがホワイトですが、大きく分けて3種類ほどのハンガーを服のサイズに合わせて使い分けていました。

 

唯一不満点と言えば、私の服には合わないサイズ。

夫に関してはシャツが若干ずり落ちやすいことを除けば特に大きな問題点はありませんでした。

 

使っているハンガーのサイズは?買うなら何本必要?

P7064278 (1).jpg

ちなみに、現在持っているハンガーのうち1種類のサイズを測ってみたら、外寸42.5㎝。

3種類のハンガーはそれぞれ42㎝から43㎝でした。

 

私の服は日本だとXSかS。カナダではXS。

袖のないワンピースやブラウス、Tシャツを掛けるにはハンガーのサイズは特に関係ありませんが、袖ありとなるとかなり大きめ。

せっかくお気に入りの服を買ってハンガーに掛けたくてもそれができずに折りたたんで収納することもしばしばありました。 

 

 

もしハンガーを買い替えるとしたら、MAWAハンガーが良いし、でも私の服だけ替えるのもやっぱり変だな・・・と思い、まずは我が家では最低何本必要なのかを確認してみることに!

 

そしたら我が家のウォークインクローゼット、実は使っているハンガーの本数が少なかった。

私も夫も15本づつあればなんとか足りそう!

 

 

*玄関の収納にはコートやジャケットを掛けていますが、羽織りものだと肩幅が若干大きめが多く、今のハンガーでほとんど間に合いそうだったのでここは除外して考えました。

 

 

MAWAハンガー、種類とサイズが豊富!定番は?自分に合うサイズはどれ?

MAWAハンガーと言えばサイズや形の種類が多くて、初めての方だと選ぶのに大変だと思います!

私も気になり始めた時、一体種類がどれだけあって、何が我が家に最適?って頭がこんがらがりました^ ^;


 

色々調べてみると、一番定番で良く買われている代表的な形と言えば エコノミック か シルエット。

私もこの2つが最初に気になったのです。 

 

エコノミックはこんな丸い形のもの。

緩やかな肩のラインがニット類や襟なしTシャツ、カットソーなどをかけるのにちょうど良いと言われています。

サイズはキッズサイズの30㎝、レディースサイズの36㎝、男性と女性と共有できる 40㎝、メンズサイズの46㎝と大きく分けてあります。

あくまでレディースサイズ、メンズサイズというのは目安なので、自分の肩幅に合わせて選べば良いと思います。

 

 

シルエットは形からもわかる通り、シャツなどの襟付きのものをかけるのにピッタリ。

こちらの方が通常のハンガーの形に似ているのですが、ハンガーの先が緩やかにカーブするデザインが肩の出っ張りを防いでくれます。

 

今のハンガーよりも緩やかな肩のラインが、型崩れが起こりにくそうで良いなと個人的に思いました。

 

シルエットはキッズサイズの28㎝から36㎝、41㎝、45㎝があります。

 

さて、なんとなく定番とサイズの種類がわかったところで、私の服(普段XSかS)は何サイズが最適かというと、どうやら36㎝でした。

そして、夫は日本ではLサイズ、カナダではMサイズを着るので、41㎝か。

45㎝でも良いのかな?と一瞬迷いましたが、今持っているハンガーが42から43。

これ以上大きくなると、合うものもあるけど大きすぎる場合もありそう。

肩の出っ張りだけは避けたいので、結局、現在のより少し小さめの41が候補に。

 

 

Screen Shot 2018-07-06 at 5.19.52 PM.png

こうやって見ると、エコノミックとシルエットにあるサイズが若干違うんですよね。

36㎝サイズだけはどちらにもあります。

 

 

さて、「エコノミックかシルエット、結局どっちを買うべき?」となりますが、我が家の場合は

何をマワハンガーに掛けたい?」というところから考えてみることに。

 

夫は主にシャツ。襟付きの仕事用のシャツがほとんど。

冬も大概同じような感じで年中襟付きシャツを掛けています。

なのでシャツなら →  シルエット。

 

逆に私の場合は夏用と冬用でクローゼットに掛けるものが若干変わります。

でもサイズが合っていないハンガーが一番不満なので36㎝を買うことは決めました。が、

エコノミックかシルエットのどちらが良い?両方必要?

 

私のクローゼットには主にワンピース、ブラウス、シャツ、ちょっとした羽織りもの(カーディガン)などを掛けることが多い。

エコノミックに最適と言われるニット類は我が家では折りたたんで収納が一般的。

ニット類をハンガーに掛けることがなければ、エコノミックを買う必要はあるだろうか?という疑問に。

そもそもシルエットの形は従来のハンガーと似ていて、一番不満だったのは肩幅のサイズが合わないこと。

それが、シルエット36を買うことで解消されるとしたら、エコノミックは買わなくても不便なし。

 

肩幅サイズが合っていればシルエットに襟なしのブラウスやワンピースだって掛けられる。

しかもクローゼットにハンガーを掛けた時、なるべく同じ形のハンガーで揃えた方が見栄えも良いですしね。

 

私のクローゼット、ニット類をハンガに掛けないので → シルエット。

 


 

シルエットで統一して買うことが決まったところで、よくよく見ていくと

シルエットに厚さ0.4cmの軽量スリムタイプ 「シルエットライト」があることに気づく!

通常タイプだとハンガーの厚みが1㎝あるところ、0.4cmなら重さもかなり変わってくるはず。

 

実際レビューを見てみると、通常タイプの1cmの厚みだと重さが気になる人もいるとか。

シルエット36なら1本あたり約65g、シルエット41なら1本あたり約75g。

私も現在使っているハンガーの厚みが気になって測ると1㎝以下(0.9か0.8)

で、ただのプラスチックでマワより軽量というところを考えると、カナダに持ち帰ることも考えてライトが良い!!

だってシルエットライトは約40g!

 

しかし、これは今のところ、42㎝サイズしかない模様。

なので夫のシャツにはこのシルエットライト42(スリムタイプ)で決定。

私は通常のシルエット36を10本。

袖なしタイプを掛ける場合は私も夫と兼用のハンガーを使えるので、シルエットライト42を20本買うことに。

 

プラス、私のスカート用に30㎝のクリップハンガーも買うことにしました。

クリップタイプだとパンツにもスカートにも幅広く使えるなと思って。

私は10本もいらないかな?と思って5本だけ買ってみました。

 

色はモノトーンのホワイト、ブラック、シルバーから赤などの明るい色もあるみたいですが、

我が家は全部ホワイトに揃えました。

清潔感のあるクローゼットにしたかったので。

 

 

 

P6284207 (1).jpg

さて、実際に届いたハンガーを見てみます。

写真上がシルエット36で、下がシルエットライト42。

正面から見てもハンガーの厚みが違うのがわかると思いますが、

 

 

横から見ると歴然の差!!

マワハンガーはすっきりとしたデザインでスペースの節約ができると思っていたけど、正直、通常の1㎝の厚みだと難しいのでは?と思いました。

手で持った重さも当たり前ですが全然違う。

シルエットライトはめちゃくちゃ軽いです!

 

 

ハンガーの上の方にはMAWAと刻印がありました。(写真ではわかりにくいですね^^;)

ところどころ特殊コーティングされたところに凹みができていたりしますが、これは特殊コーティングがかなり柔かい素材でできているため、製造工程や輸送中にできてしまうモノとのこと。

確かに自分でも触ってみましたがかなり柔かい素材でした。

私が注文した中にも2〜3本ほどありましたが、使っている時には気にならないので全然許容範囲。

 

 

さて早速、我が家のウォークインクローゼットのハンガーをMAWAハンガーに替えてみました!!

 

P6294237 (1).jpg

遠目ではわかりにくいですが

 

 

P6294238 (1).jpg

マワハンガーで揃えたクローゼットはスッキリと統一感が生まれたかと。

これを機会にいらない夏服の断捨離もちょこっと実行。

 

 

P6294232 2 (1).jpg

特に、夫側はほとんどシャツを掛けているのでキレイに揃っていますね。

肩のラインも42サイズでちょうど良かったです! 

ちなみに、夫のボトムスが何本か写真左側に掛かっていますが、これは元々持っていたハンガーでマワではありません。

 

P6294234 (1).jpg

他のボトムスはIKEA(イケア)のALGOT(アルゴート)に畳んで収納しています!

 

 

P6294239 (1).jpg

私側のクローゼット。

左からブラウス、ワンピース、スカートと掛け、袖なしのものはシルエットライト42を使っています。

 

 

P6294240 (1).jpg

私の方はいろんなものを掛けているので夫側ほどスッキリ感はありませんが、シルエット36を使うことで袖ありのワンピやブラウス、カーディガンの肩のラインが出っ張ることなくピッタリ。

これで大事な服を長く愛用できます^^

 

P6294241 2 (1).jpg

私のパンツはこんな感じで収納。

少し断捨離しましたが、もう少しスッキリさせられればと思っているところ。 

もっと時間がある時に見直しします!

 

私が買ったマワハンガーはシルエット36、シルエットライト42と30㎝のクリップハンガー だけですが、マワハンガーは他にも用途に応じた違う種類があります!

 

私が調べて我が家でも使えそうだなっと思った他の種類は 

ボディフォーム。 

重めのジャケットやコートなどは肩のラインにかけて立体的な構造になっているこのタイプが良さそうだなと思っています。

玄関にあるジャケット収納スペースのハンガーを替えたくなれば、このボディーフォームの購入も検討するかも。

 

 

メリットもあればデメリットもあるハンガー

実際使ってみて、やっぱりマワハンガーで揃えると統一感が生まれるため、いつもよりウォークインクローゼットがスッキリ見えるし気持ち良し。

 

今まで滑るハンガーだったのが、滑らないハンガーになったので、ハンガーから外す時にずり〜っと滑らして取ることはできなくなったけど、それが不満になることはなく、むしろ優しく服を取る習慣がついてきました。

ハンガーを替えてクローゼットがスッキリするだけで、服を大事に扱おうという気持ちが増したよう。

サイズや種類も豊富で掛けたいものに合わせて選べるのも良し。

 

ただ、滑らないハンガーが必ずしもみんなに合うわけではないので、これが逆にデメリットになる場合もあると思います。

 

あと、ネットで買うと、単品<5本セット<10本セットとまとめ買いの方が断然お得ですし、送料などのハードルもあるので、自分にはどれを買うべきかしっかり吟味するのがまず一番大事。

そしてできるだけまとめて買った方がお得です!

まとめて買ってもハンガーの割にはお値段がしますが、単品だと更に高くなるのもデメリットですね。

 

ちなみに、私は楽天のハンガー&インテリアTAMATOSHIで全て購入しました。

送料のハードルが低かったのも決め手です。

 

私はしっかり吟味したおかげで、失敗なくネットで購入ができました^ ^

 

 

 

 

まとめ

もし、クローゼットを少しでも快適にさせたいなって思っている方がいたら、まずは必要ない、ときめかない服は断捨離。捨てるのが勿体無いと思う方は買取サービスやメルカリでも利用を。

ある程度服の数が減らせたら、ハンガーはなるべく揃えてサイズがあったものを使うと気持地いいクローゼットになるはず。

我が家のウォークインクローゼットは前はもっとモノで溢れてごちゃごちゃしていましたが、断捨離を繰り返しハンガーも揃えたことでかなりスッキリしました!

絶対マワで揃える必要はありませんが、もし新しく購入を検討しているのであれば、私はマワはおすすめです!

この歳になってようやくハンガーの大切さを実感。

大事な服を長く愛用したいなら、その服をキレイに保ってくれるハンガー選びもまた大切です。

 

 

 

 

 

 

インスタグラム始めました!

こちらもお気軽にフォローしてくださると嬉しいです^^

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

北欧インテリア&シンプルライフのランキングに参加中!

長くなってしまいわかりにくい文書だったかもしれませんが

最後までご覧くださりありがとうございます(_ _)

 

RELATED POSTS